ToMMoスパコンニュースNo.10(2018.9.18発行)

重要:Phase1システム全停止(10/1)について

 10月1日にPhase1の機器は全て停止となります。
Phase2にお早めに移行をお願いいたします。


重要:Phase1のUnit2,Unit3,Unit4からPhase2へのデータ移行について

Phase1のUnit2,Unit3,Unit4のスパコン上のデータをPhase2に移行する方法は2つあります。
下記の方法にて、10/1までに余裕をもってデータをPhase2に移行してください。

なお、Unit2のデータ移行については、詳細はUnit2のポータルサイトをご参照ください。

  1. Phase1のマウントポイントからのデータのコピー
  2.  下記にて、Phase1のLustreファイルシステムをReadOnlyで参照可能としています。
    下記より、任意の場所にデータをコピーしてください。
    10/1以降、参照できなくなります。

         /uX/shareY/home/username
    

    X:利用Unitの番号
    Y:利用していたファイルシステムの番号
    username:スパコンアカウント名   

  3. 3/28時点の管理者取得データの移動
  4.  3/28時点のPhase1のデータのリンクを各利用者のホームディレクトリに作成しています。
    ホームディレクトリに下記のリンクがある場合は、mvコマンドにて、データを任意の場所に移動してください。

         /home/username/uX_moving_shareY
    

    X:利用Unitの番号
    Y:利用していたファイルシステムの番号
    username:スパコンアカウント名   


ソフトウェアのインストールについて(8月)

 ご利用者の方からの申請があり、8月にインストールしたソフトウェアは以下のとおりです。
インストールパスは、各Unitのポータルサイトの「ソフトウェア構成」ページで確認してご利用ください。
また、インストールが必要なソフトウェアがある場合は、インストール申請をしてください。


申請書のフォーマット更新のお知らせ

 下記の申請書について、一部フォーマットを更新しました。
古いフォーマットでご提出された場合は、確認に時間を要する場合がございます。
また、予告なく変更する場合もございます。
申請書をご提出の際は、新たにダウンロードをお願いいたします。

  1. スーパーコンピュータ・統合データベースdbTMM利用申請書兼誓約書
  2. プロジェクトアカウント申請書兼誓約書
  3. スーパーコンピュータ利用変更申請書
  4. スーパーコンピュータ利用休止・廃止申請書
  5. ディスククオータ変更申請書
    ※申請の際はお問い合わせください。

<取得先>
  本ポータルサイトの左側メニューの利用申請ー>各種申請と書類