NXサーバでの高負荷抑制機能について(お知らせ)

Unit1p利用者各位
 
                    スーパーコンピュータ運営室
 
  NXサーバでの高負荷抑制機能について(お知らせ)

     
 
NXクライアント(NoMachine)を利用してスーパーコンピュータに接続する場合、
接続先のホストは、Unit1pのNXサーバですので、多くのユーザが接続することになります。

統計Rやその他の解析プログラムの実行をNXサーバ上で行いますと
負荷がかかり、新しく接続する人が接続できにくい状態に
なることも考えられます。
そのような状況に備え、システムに負荷をかけているプログラムを自動的に検知し、
CPUコアの使用数を抑制する機能を導入いたしますので、お知らせいたします。

システムに高負荷を掛けていますプログラムを実行している利用者には、その旨、メールで通知いたします。
<抑制処理反映日時>
 ・2015年9月16日(水)10:00より 
 
<問合せ先>
 ・support[at]sc.megabank.tohoku.ac.jp
 
ご理解ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。