キーロック付きHDD/USBメモリによるデータ持ち込み手順

持ち込みたいデータを保存した、キーロック付きHDD/USBメモリを利用してデータを持ち込むことが可能です。
事前にメールで申請し、データを保存したキーロック付きHDD/USBメモリをゲノムプラットフォーム連携センターに送付または、持参してください。
※キーロック付きHDD/USBメモリの貸出、送付については、ゲノムプラットフォーム連携センターにお問い合わせください。
※使用するキーロック付きHDD/USBメモリは、ゲノムプラットフォーム連携センター推奨のデバイスです。

申請手順

  1. データを持ち込みたい方は、データを持ち込みに使用するデバイスに保存します。
  2. 以下の項目をapply@sc.megabank.tohoku.ac.jpにメールして申請します。
      (1)持込申請者(所属分野/氏名)
      (2)情報持込責任者(所属分野/氏名)
      (3)対象データの説明
         (a)公開ソフトウエア・データの場合 : 名称・ダウンロード元URL
         (b)非公開ソフトウエア・データの場合 : 関連するプロジェクト名・簡単な説明
      (4)持ち込みに使用するデバイス(キーロック付きHDD/キーロック付きUSBメモリ)
      (5)持ち込み先パス
       例:UnitC /home/taro/work
      (6)オーナー・パーミッション(ディレクトリおよびファイルのオーナーとパーミッションを記載ください)
       例:[オーナー]taro:tommogroup [パーミッション]ディレクトリ750、ファイル640
      (7)備考
    
  3. データが保存されたデバイスをゲノムプラットフォーム連携センターに送付または、持参します。
    ※持参した場合は、引換券をお渡ししますので、データ持込完了まで保管してください。  
    ※データ持込完了はメールでご連絡します。
    ※対象データの容量、申請状況等により、完了まで長期間を要する場合があります。あらかじめご了承ください。

デバイスの返却

データ持込完了後、デバイスを返却します。

  1. 持参した場合は、データ持込完了メールを確認後、引換券を持ってゲノムプラットフォーム連携センターへお越しください。
    送付の場合は、着払いにて返却します。