プロジェクトアカウントの利用について

アカウントとToMMoスーパーコンピュータ利用の考え方

分譲、AMEDサービス利用、共同研究等のToMMoスーパーコンピュータの利用目的をプロジェクトと言います。
また、ストレージ(ハードディスク領域)を使用すること、ジョブを実行することを資源の利用と言います。
ToMMoスーパーコンピュータを利用する場合は、プロジェクトごとにグループとプロジェクトアカウントを作成します。スーパーコンピュータ(Linux)上で資源を利用する際は、利用目的に対応したプロジェクトアカウントでログインして行ってください。各個人アカウントも作成しますが、個人アカウントのプライマリグループは所属組織のグループとし、個人アカウントでは原則として最小限の資源しかご利用いたただけません。


プロジェクトアカウントとは

  1. ToMMoスーパーコンピュータで、複数人で共有するアカウント(ユーザ)です。
  2. ToMMoスーパーコンピュータを分譲、AMEDサービス利用、共同研究等の利用目的(プロジェクト)で利用する場合、プロジェクト単位にグループを作成いただきます。
  3. プロジェクトのグループと同名のプロジェクトアカウントを作成し、このプロジェクトアカウントでToMMoスーパーコンピュータを利用していただきます。
  4. プロジェクトアカウントに、個人アカウントを紐付けることにより、プロジェクトの利用者がプロジェクトアカウントにログインできるようになります。

プロジェクトのグループがプライマリグループとなっている方については、プライマリグループを所属組織のグループに変更をお願いいたします。※該当者に別途ご連絡いたします。


利用申請について

利用者単位での申請とプロジェクト単位での申請のいずれも必要となります。既に個人アカウントがある方は、再申請は不要です。まだプロジェクトアカウントを作成していないプロジェクトについては、

「プロジェクトアカウント利用申請書兼誓約書」にて、申請をお願いいたします。

  1. 提出書類
  2. 申請から利用までの流れ(個人アカウント)
  3. 申請から利用までの流れ(プロジェクトアカウント)

プロジェクトアカウントでの利用前作業

プロジェクトアカウントでログインできるよう、秘密鍵をホームディレクトリ上に置きます。
詳細手順は、各Unitのポータルサイトの「初めての方へ(設定の流れ)」ー>ゲートウェイ間でのSSH接続ー>秘密鍵の準備」をご確認ください。


プロジェクトアカウントでの利用方法

  1. ディスク領域の利用について
  2. プロジェクトのデータは、プロジェクト毎に作成したプロジェクトアカウントのホームディレクトリ下に置いてください。
    利用者の個人アカウントのホームディレクトリ下には置かないでください。

  3. ディスク使用量の確認方法
  4. showquotaコマンドで、ユーザ(プロジェクトアカウント、個人アカウント)およびグループのディスク使用量と使用可能な容量(クオータ値)を確認することができます。
    コマンドの詳細は、各Unitのポータルサイトの「ストレージ使用量」をご確認ください。

  5. ノード・共有キューの利用について
  6. ジョブを実行する場合は、各プロジェクトのプロジェクトアカウントでログインして、処理(ジョブ等)を実行してください。
    (個人アカウントでのジョブ実行は原則禁止です)

  7. プロジェクトアカウントへのログイン方法
    1. 個人アカウントでスーパーコンピュータにログインします。
    2. ssh接続でプロジェクトアカウントにログインします。

      パスフレーズは、各個人アカウントのパスフレーズを入力します。

      プロンプトがプロジェクトアカウントに変わったことを確認します。

  8. ジョブの実行方法
  9. ジョブの起動方法は、qsubコマンド(バッチジョブ)とqloginコマンド(インタラクティブ)の2通りあります。
    詳細は、各Unitのポータルサイトの「利用方法」ー>「講習会・説明会資料」のUGEに関する資料をご確認ください。


    プロジェクト終了時

    プロジェクト終了後は、終了したプロジェクトのグループおよびプロジェクトアカウントを停止し、利用できないように設定を変更します。
    個人アカウントについては、別プロジェクトで利用の場合、継続してご利用可能です。終了したプロジェクトアカウントのホームディレクトリ下と、そのプロジェクトアカウントがオーナーとなっているデータは、一定期間後削除されます。必要なデータは利用終了前に持ち出し等を行ってください。