AMEDスーパーコンピュータ供用サービスの利用について

ご利用方法、アカウントの申請に関して記載しています。
ご利用前に、ご確認ください。

AMEDスパコン供用サービスの利用について

利用に必要な申請と書類

No.    書類名 概要
AMED-1 AMEDスーパーコンピュータ供用サービス利用申請書兼誓約書 AMEDスーパーコンピュータ供用サービスの利用申請書です。新規でご利用予定の方はご提出ください。
また、年度ごとに申請が必要となります。
AMED-2 AMEDスーパーコンピュータ供用サービス利用変更申請書 AMEDスーパーコンピュータ供用サービスにおいて、下記のような変更が生じる場合にご提出ください。

  • 利用区画の追加
  • 申請コース・オプションの変更
  • 利用者の変更
  • 申請代表者、経理事務担当者の所属等の変更
    (連絡先、メールアドレス、職名等)
AMED-3 AMEDスーパーコンピュータシステム利用報告書 記載後、ファイルをメール送付
(usage_report@sc.megabank.tohoku.ac.jp)
にてご報告ください。

これまでの利用状況(2020年7月時点)

# AMED指定事業名 件数
1 ゲノム医療実現推進プラットフォーム事業(先端ゲノム研究開発) 5
2 ゲノム医療実現推進プラットフォーム事業(ゲノム研究プラットフォーム利活用システム) 1
3 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業 1
4 成育疾患克服等総合研究事業 1
5 戦略的国際脳科学研究推進プログラム 1
6 創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業 1
7 長寿・障害研究事業 1
8 難治性疾患実用化研究事業 2
9 免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患実用化研究分野) 1
10 免疫アレルギー疾患実用化研究事業 1
11 脳科学研究戦略推進プログラム 1
12 臨床ゲノム情報統合データベース整備事業 1
合計件数 17